プラステンアップ 飲む時間

プラステンアップは医薬品ではなくサプリメント。なので、飲む時間は決まっていません。プラステンアップの成長サポート理論や睡眠との関係から最適な時間を探ってみました。
MENU

プラステンアップ飲む時間で一番最適なのは3時間前!

 

人気の中高生成長応援サプリ、プラステンアップ。人気の理由の一つが、飲みやすいところ。

 

同封のスプーン1杯(8g)を水やぬるま湯で割って飲みます。ただ、サプリメントは医薬品ではないので、食後とか食前とか食間のような飲む時間は決められていません。

 

とはいっても、中高生の成長に欠かせない栄養補助食品なので、食事との関係や睡眠や運動との関係などベストな飲む時間もあるはず。

 

調べてみました。

 

<成長サポート理論からみた一番最適な飲む時間>
プラステンアップの公式サイトには、プラステンアップ独自の3つの成長メソッドがのっています。

 

中高生に必要な栄養量、分子栄養療法に基づいた配合バランス、吸収力にこだわる製造。この3つが、プラステンアップをささえる成長サポート理論。

 

分子栄養療法というのは、自分に欠けている栄養素を補う療法のこと。特定の栄養素にこだわらず、バランスのとれた栄養素がプラステンアップには配合されています。

 

十分な栄養素と吸収力にこだわって製造されているので、一番最適な飲む時間としては食後。消化器官が活発に動いている時です。

 

<睡眠からみた一番最適な飲む時間>
中高生の成長に欠かせないのが睡眠。勉強に部活に忙しいといっても、睡眠時間の確保は成長の必須条件。

 

睡眠中は成長ホルモンの分泌が活発になる時間。これを生かすためには、就寝3時間前に飲むのが最適。

 

就寝直前では消化活動に内臓に負担をかけてしまうので、就寝3時間前には飲み終えていることが大切。

 

最適な飲み時間を利用することで成長への効果を実感できるはず。毎日飲み続けることは忘れずに。

 

 

プラステンアップの美味しい飲み方教えます!水だけじゃないんですよ

 

話題の中高生成長サポートサプリが、プラステンアップ。同封のスプーン1杯を水や牛乳で割るだけ、という手軽さも中高生には向いています。

 

味はすっきりしたレモン味。この味については好みが分かれるところで、お子さんに美味しく飲み続けてもらうために工夫する余地があるところ。

 

「薄い」「微妙」「まずくはないけれど美味しくもない」「粉っぽい」といった口コミも。

 

美味しい飲み方、探ってみました。

 

<割る水の量を減らす>
同封のスプーン1杯を100mlの水か、ぬるま湯で薄める、というのが基本の飲み方。これでは「薄い」と思ったら、飲む水やぬるま湯の量を減らしても構いません。

 

ただし、規定量(一日8g)を増やしたり、減らしたりすることはしないように。

 

<スポーツドリンクやジュースで割る>
中高生が継続して飲むためには、スポーツドリンクやジュースで割るのもいいでしょう。プラステンアップの吸収力を邪魔しないためには水がベストですが、飲み続けるためにはスポーツドリンクやジュースで割ることもいいです。

 

<ヨーグルトに混ぜる>
ヨーグルトの酸味にレモンの酸味が消えてムリなく食べられます。ただし、プレーンではなく加糖入りのヨーグルトだとカロリーが増えてしまうので注意。

 

<バナナと一緒に飲む>
レモン味が苦手なお子さんは、食後、バナナと一緒に飲むとレモンの味が薄まって飲みやすくなります。

 

お子さんの嗜好に合わせて、いろいろな飲み方を工夫するのも必要ですね。

 

プラステンアップの公式サイトにある口コミも参考になりますよ。

 

 

このページの先頭へ