プラステンアップ 何歳まで

プラステンアップは、12歳から17歳までの中高生の成長に必要な栄養素を含む成長応援サプリ。ただし、成長には個人差があるので厳密には何歳までということはなく、個人の成長に合わせて飲むのがベスト。
MENU

プラステンアップは何歳まで飲ませるの?18歳以上でも大丈夫?

 

人気の成長期応援サプリ、プラステンアップは、中高生向けのサプリメント。
12歳から17歳ぐらいまでの伸び盛りの時期に必要な栄養を取れるサプリメントです。

 

とはいっても、実際には、成人しても伸びる場合もあって、成長期は個人差があるのが現実。

 

そこで気になるのが、プラステンアップは何歳まで飲める?何歳まで飲んでもいい?

 

結論からいってしまえば、男子は17,8歳まで飲んでまだ身長を伸ばしたい、と思ったら、20歳ぐらいまで飲んでみてもいいでしょう。

 

女子の場合、15歳以降はほとんど伸びないのが通常ですが、17,8歳ぐらいまでプラステンアップに含まれているスーパーフードのスピルリナやコラーゲンなど、女子に必要な栄養補給の意味で飲み続けるのもいいでしょう。

 

<身長を伸ばすカギは骨端線(こつたんせん)>
身長が伸びるのは骨端線(こつたんせん)が開いているから。
骨端線とは、骨のつなぎ目にある軟骨のことで、骨端線が開いている時は伸び盛り。
骨端線が閉じてしまうと身長の伸びは止まり骨が成熟した、ということになります。

 

何歳まで、ということではなく、骨端線が開いている間は、プラステンアップを使って伸び盛りの栄養を補うことは最適。

 

困るのは、お子さんの骨端線が開いているのか閉じているのか、レントゲンを医者に撮ってもらうしかわからないこと。

 

お子さんの成長を望むなら、具体的には、やはり、食事と睡眠と運動に気をつけてあげることです。

 

食事面では、バランスのとれた食事が一番。
プラステンアップは栄養素のバランスを考えたサプリです。
活用してください。

 

 

プラステンアップは17歳には効果なし?【本当のところ】

 

成長応援サプリのプラステンアップは、12歳〜17歳の中高生向きのサプリです。
とはいっても、12歳から始めて17歳まで飲み続けて17歳で飲み終わる、という意味ではありません。

 

12歳から男子も女子も思春期の時期。
厳密にいえば、男子は11歳から、女子は10歳からがもっとも成長率が伸びる時期です。

 

飲み終わる時期として17歳になっていますが、個人差があります。

 

骨の成熟が個人個人で違うのが原因。
20歳過ぎても成長する人もいます。

 

一つの目安としての17歳、ですね。

 

仮に17歳から飲み始めても、骨が成熟していないなら、まだ成長する可能性があります。
逆に、骨が成熟してしまったら、プラステンアップを飲んでも成長の可能性は薄いです。

 

<成長のカギは骨端線(こつたんせん)>
骨が成熟しているかどうか、の判断材料になるのが骨端線。
骨と骨のつなぎ目にある小さな軟骨部分です。
お子さんの骨端線をみるには、小児科などの医療機関でレントゲンを撮ってもらいます。

 

骨端線があるところはレントゲンで黒く写っているところ。
それがなければ、もう骨端線はなくなって骨が成熟して伸びないことになります。

<骨端線がある場合>
17歳になっても骨端線があれば、まだまだ成長できます。
プラステンアップを活用しながら、睡眠や食事、運動の生活習慣に気をつければ成長は期待できます。

<骨端線がない場合>
もう骨が成熟したわけですから、このままでは伸びる可能性はありません。
ただ、猫背やO脚など身長が低くみえる原因を取り除くように整体などに取り組むことも必要です。

このページの先頭へ